プロフィール

ongata

Author:ongata
東京八王子【恩方若駒】  
    よろしくお願いします。

  ☆★ 新入部員募集中 ★☆ 
  
  ▽▼ リンクフリーです ▼▽

    ◇ 練   習   日 ◇
 火曜日 5:00 - 6:50(恩一)
 木曜日 5:00 - 7:00(恩一)
 金曜日 5:00 - 6:50(元木)
 土曜日 9:00 - 12:30(恩一)

部員数(2013年 現在)
6年生 
5年生 
4年生 
3年生 
2年生 

   ☆ 体験/見学 大歓迎!



カテゴリー


リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【バスケットボールのルール】

バスケットボールのジャッジは非常にむずかしいと言われています。
しかし、バスケットボールは地域の小さな大会であれ、世界基準の国際A級審判が判定する試合であってもルールは1つの共通する「簡単」な原則から成り立っています。
バスケットボールの原則は「接触をしてはいけないスポーツ」だと言うことです。
手で相手をつかむ、抱える、押さえる、押す、叩く、突き飛ばす事は全てファールです。
お腹や肩、ヒジで押さえる、押すは、相手に影響が出た時点で全てファールです。
ワンハンドシュート、ボーズハンドシュートのどちらでも、シュート体制に入った相手のボール以外の体への接触(片方の手を相手の胸に手を置いた場合も)は、例え触る程度でもファールです。
リバウンド争いでボールマン以外の所で接触が起こった場合でも、選手に影響が出ればそれはファールです。
ファールは常にオートマチックにジャッジされ、流すと言う事があってはいけません。
何故ならば、バスケットボールの原則は「接触をしてはいけないスポーツ」であり、流し見逃す事は選手のルールへの誤った認識を招き、次に選手の大きな怪我や事故へと結びついて行く事になるからです。
一方でバスケットボールは接触を避けられないスポーツでもあります。
それだけに、どちらが先に良いポジションを占めたか、どちらが先にぶつかって行ったかでオフェンスファール、ディフェンスファールの判定が行われます。

「友情」「ほほえみ」「フェアプレー」を心がけましょう。



テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

<< 練習試合 結果| ホーム| ファイナルカップ 予選>>


Comment

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 | BLOGTOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。